世田谷区・目黒区・大田区の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、日本塗装工業会会員 / 神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > お役立ち記事 > サイディング部で重要なポイントは目地のシーリング

サイディング部で重要なポイントは目地のシーリング

サイディング壁で重要なポイントは目地のシーリングです。

新築時はシーリング材を打ったままの状態になる為、
直接太陽光を浴び雨風にもさらされるので、
特に劣化の進みが早いです。

 

シーリングの劣化

 

現地調査をしているときに非常に多いのが
外壁はまだ劣化も少なく塗装時期、少し早いのですが
サイディング壁、繋ぎのシーリングのみ劣化しているケースです。

目地のシーリングが劣化してなければ2年先の
塗装工事で大丈夫な場合などもあります。
シーリング材の寿命はシリコンで7年~10年と言われています。

 

塗り替え

 

塗り替えの場合には既存シーリングを撤去し
新しくシーリング打ちを行い、その後に
外壁塗装を行うで塗膜がシーリング材を保護してくれます。
新築時よりは長持ちすることになりますが
年々伸縮性が低下し硬くなるので、サイディング壁
何らかの影響で動いたときに開き、割れを起こす
可能性も年々高くなります。

そこでお勧するシーリング材は、オートンイクシード オート化学工業

 

オートンイクシード オート化学工業

 

シーリング材

 

このシーリング材は20年以上長持ちして
長期、紫外線や雨風による劣化の進行を押え、
伸縮性を維持することが可能な優れたシーリング材になります。

仮に耐用年数10年のシリコン塗料を塗装した場合でも
塗膜より先に劣化によるひび割れや痩せを
起こすこともことなく、シーリング材は長持ちするので
今後の目安として外壁や屋根の劣化状況に
より塗装工事を検討することが可能になります。

さらにハイグレードのフッソ塗料などで塗装を行っても
塗料より先にシーリングが劣化することもなくなる為
安心してハイグレード塗料での塗装工事が可能になります。
外壁より先にシーリング材が痛んだので塗装をしなければ
ということがなくなれば、計画通りの塗装周期を保つことが
可能になります。

 

まとめ

サイディングの外壁では、目地の劣化により
雨水が内部に侵入して、外壁の腐食や湿気による
木材の腐食、雨漏れなどを引き起こすことも数多くあります
サイディング壁にとって、目地は急所になります。
その為、しっかりとした保護を行うことは大事なお家の
長持ちにつながります。
シリコンシーリング材に比べてオートンイクシードは
工事に伴う料金も上がります。それでも20年以上長持ち
することを考えれば、費用対効果も十分に期待できます!

Copyright © 2018 MAISTERHOME SETAGAYA All rights Reserved.