世田谷区・目黒区・大田区の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、日本塗装工業会会員 / 神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > お役立ち記事 > 外壁サインディング4つの塗装方法

外壁サインディング4つの塗装方法

意匠サイディングには4つの塗装方法があります。

 

1 色つけ塗装
せっかくの意匠サイディングなのですが、色褪せ・
汚れ・しつこい雨だれ・ひび割れが多いなどで
一色の塗装にすることは多いです。
現在、サイディングで一番多く塗装している方法になります。

 

塗装前↓

塗装前

 

1色塗り塗装後↓

1色塗り塗装後

 

実際、塗装を完了して、お話を伺うとみなさん前のデザインとの
違和感もあまりないとの声を頂きます。

 

2 色つけ、目地出し塗装
この塗装方法は現在のタイル調サイディングをそのまま残す
塗装方法になります。

塗装方法は、目地色で3回塗りを行います。その後メインの色で
4回目をローラーとハケを使い塗装します。細かな所のハケ塗装は
根気のいる作業になります。それだけに通常の1色塗装より
1.5倍~2倍の時間が掛かります。

 

4回目 メイン色塗装中↓

4回目 メイン色塗装中

 

目地出し塗装完了↓

目地出し塗装完了

 

意匠仕上げ 一部カラーバリエーション↓

意匠仕上げ 一部カラーバリエーション

 

3 クリアコーティング塗装
クリアコーティングは現在の意匠サイディングを
そのまま残して外壁を保護する塗装方法です。
現在の模様を気に入られている方にはとても
お勧めの塗装方法です。

 

塗装前↓

塗装前

 

クリアコーティングでサイディングを塗装するにはある程度の
条件があります。汚れ・色褪せ・ひび割れなどが少なく、
状態の良い段階での塗装が条件になります。
多少の色あせでしたら濡れ色(水をかけた状況と同じ)になる為
目立たなくなりますが、痛み、色褪せが激しい場合は仕上がり
悪くなります。その場合クリアコーティングは塗装できません。

クリアコーティングでの保護塗装をご検討の場合は新築から
10年以内、ベストは7年~8年で行うことをお勧めします。

環境や状況により異なるので目安になります。

 

クリア塗装完了↓

クリア塗装完了

 

4 多彩仕上げ塗装
この工法は現在のサイディングに多いランダムな
多彩仕上げを塗り替え時の塗装で可能にした
塗装方法になります。特殊なローラーを使い
塗装を行います。2色仕上げ・3色仕上げと
仕上げ方法あります。現時点では
1塗料メーカーのみの塗装方法になります。

※多彩仕上げのできないサイディング外壁もあります。

 

多彩仕上げ一部カラーバリエーション↓

多彩仕上げ一部カラーバリエーション

 

まとめ

以上4つの塗装方法をご紹介しました。
サイディング壁は塗装のバリエーションも多く
どの方法がよいか、迷うこともあるかと思われます。
2~4は塗装できないサイディング壁もあります。
どの塗装方法は可能なのか、まずは私たちプロに
確認してもらうことからスタートしましょう。

Copyright © 2018 MAISTERHOME SETAGAYA All rights Reserved.